Taito Style完成オープンハウス&チャリティーパーティーが開催されました!
text= 大我さやか(Open A ltd.)

おかげさまで100名を越す皆様がご参加くださいました!

これまでのTaito Styleレポート
vol.1 Taito Styleの成り立ち
vol.2 各戸のプラン紹介/コンシェルジュ・サービス
vol.3 「家具買い取りシステム」「太東カタログ」など賃貸住宅の新しい価値

やはり皆さん気になるのは、太東の海を一望できるこの眺め。風も気持ちいいです。


4月10日に開催されたTaito Style完成オープンハウスは、晴れ渡る青空と陽気に恵まれ、おかげさまで107名の方がご訪問下さいました。また、同時に行われたチャリティーパーティーにも多くの方がご参加下さり、義援金もなんと17万円も集まりました! 皆さんのご厚意は千葉県の旭市役場まで、Taito Styleオーナー・那部さんがしっかり届けてくれました。


今回はそのオープンハウスの様子をご報告。


このビューを活かした建物へのアプローチ。思わず立ち止まって見とれてしまいます。

Type Aの土間から奥のリビングを見渡す。

こちらはタイプAの室内。ワンフロアで天井が高いので、実際の面積より広く感じる人が多いみたいです。照明どうしようか? とか、ロフトを増床しようかな? とか、早くもライフスタイルを想像して相談しはじめたり。


TypeBの2階のリビングからロフト、キッチンを見渡す。

こちらはタイプBの室内。東西方向に窓があるので、部屋全体が一日中明るく、風も気持ちよく抜けていきます。海への眺望もこちらが好きという方が多いよう。お子様は間違いなくロフトに登ってジャングルジム気分で遊び放題でした。


那部邸でのチャリティーパーティーの様子。

チャリティーパーティーも楽しんで頂けたよう。なんと地元のお寿司屋の江戸勘さんが出張寿司をにぎりに来てくれました! 海産物の風評なんて関係なし。美味しい地元の魚をその場でさばいて味わえる、房総の魅力を再確認できました。

玄関に置かれた募金箱には、なんとお札ばかり! 少しでも同じ九十九里浜の仲間、旭市の震災復興のお役に立てられれば。。。この募金箱からはそんな皆様の温かな思いが伝わってきます。


太東カフェの事業者に選ばれたSAORIさんのスイーツ!

そして、「Taito Style」ブログでも紹介されていますが、Taito Styleのカフェの事業者に選ばれたSAORIさんは、テーブルに並びきれないたくさんの美味しいお料理を振る舞って下さいました。美味しそうな手作りスイーツを片手にコーヒーやワインを頂く、カフェの様子を思わず想像してしまいます。

そして、その太東カフェですが、Taito Styleの1階にオープンすることになりました!

今垂れ幕が下がっている場所にカフェがオープンします。

何にも遮られることのない高台から眺める太東の海。まさに太東カフェその名の通りのロケーション。Taito Styleに住む方だけでなく、太東を訪れる人も、近くに住む住民も色んな人が訪れて使ってほしい。この場所を拠点に、コミュニティーや交流が生まれてほしい。それがこのTaito Styleのオーナーの思いでもあります。ゴールデンウィークにはカフェがプレオープンする予定ですので、皆様ぜひお立ち寄り下さい。


正直にいうと、このオープンハウスをやる前までは、ちょっと不謹慎かな・・・とかお客さん集まるのかな・・・とか、結構色々悩んでいました。
ですが、オープンハウスに来たお客さんの顔を見てみると、房総や太東という海沿い生活にちょっとでも憧れや魅力を発見してくれたり、パーティーでたくさんの人と元気に、明るく楽しんでいる姿をみると、こういう機会や場がこういうときこそ必要なんじゃないか? と思います。
房総を内側から明るくしていこう、そして外部の人に知ってもらおう。
房総R不動産としてやるべき震災復興のあり方が見えてきたような気がします。