新しいレストラン、発見!

| コメント (0)

昨年、雑誌の『クロワッサン』の取材を受けた際、
マガジンハウスの編集者、立石さんたちと一緒にあたりを散策した。
KUSA cafenayaに案内しようと車を走らせていたとき、見慣れぬ店ができていることに気がつく。
こんな店だ。

restaurant_01.jpg

むむ、ここは最近までなかったぞ。
とにかく入ってみることに。

restaurant_02.jpg

駐車場に車を止めて、そこから店までのアプローチがいい。
敷地が広い房総だから可能な贅沢だ。
庭もよく手入れがされている。

restaurant_03.jpg

「カレント」、という洋食屋らしい。

restaurant_04.jpg

内部空間はこじんまりと、ストイックなインテリアだけど、
上品で居心地がいい。
大きな窓から見える庭の緑がなごませてくれる。

restaurant_05.jpg

ランチを食べてみた。
チキンの煮込みとエビフライ。
あと、サラダ、小さなケーキ、コーヒーがついていた。

restaurant_06.jpg

象がトレードマークのようだ。
こんな店が家の近くに少しづつ増えている。
僕の房総生活も、それに比例して充実してきますように。

<< 久々のnaya
値段に驚く >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊