屋外ジャムセッションが始まった!

| コメント (0)

この日は朝からただならぬ空気が流れていた。
なんだか隣の家、そしてその前の庭が、どうもザワついている。
いつもは、ほとんど一人で外のデッキチェアに座って、
音楽を聴いたり、PCで仕事をしていたり、食事をしている音楽家の隣人。
でもこの日は、見慣れない顔がたくさんいる。

しばらくすると、ブロロロッーという重低音が聞こえて来た。

073_01.jpg

な、なんだこいつは!
これで公道を走っていいのか、と疑いたくなるようなジープが、
突如として庭の中に入って来た。
どうみてもアーミー仕様、かなり本格的な外装。

まじに、今日は何が始まるのだろう?
そしてこの人たちは、一体、何者なんだ!?

073_02.jpg

しばらくすると、庭にさまざまな楽器が並び始めた。
アンプやスピーカーも入って本格的。
ビールを片手に音合わせをしている。それが妙にかっこいい。

そしてセッションが始まった・・・。

073_03.jpg

す、すげー。
近くの住人たちも集まって来て、贅沢なプライベートライブ。

073_04.jpg

見慣れた隣人が別人に見える!
生演奏の迫力はすごかった。

073_05.jpg

演奏は休みを挟んで(休憩中は、どうもサーフィンに行ってたようです)、
夜の部が再開。夕暮れらしい落ちついた選曲だった。

プロのミュージシャンは、ちょっと音合わせをして、
「じゃ、次、行こう!」
っていう感じで次々に曲を演奏していく。
まるで会話でもしているかのように。

誰に見せるわけでもなく、ただ自分たちが楽しむための演奏。
その掛け合いは純粋に楽しそうだ。
その様子を、ずっとたたずむわけでもなく、生活のそばでごく自然に聞き流している、僕ら隣人たち。

最高に贅沢な日だった。

僕は今でも、この素敵な音楽家が何者かを、よく知らない。
時折、誰かが来て楽譜をやりとりしながらミーティングしている姿を目にする。
しばしば朝の日差しを浴びながら、屋外で朝食をとっている。
僕の家はガラス張りなので、いるときはほぼ毎日、目が合っている。
そんなときは、ちょっと会釈する。

この距離感が、僕は心地いい。

<< スワンのかき氷器
ベイシア vs センドー >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊