家を丸洗い

| コメント (0)

この家の外装が、ほとんどガラス面であるのは、
メンテナンスの側面からは、とても有利だ。
というのは、ガラスはほとんど劣化せず、汚れもすぐ落ちるから。
設計するときから、ズボラな僕は、できるだけ家のメンテナンスや掃除をしたくなかった。
この家にガラス面が多い理由のひとつは掃除のしやすさなのだ。

とはいえ、強い横風が吹くと、砂を舞い上げて、それがガラス窓に付着する。
そればっかりは仕方がない。

夏になって、樹のマイブームは「家の丸洗い」だ。

074_01.jpg

ホースから噴射する水圧と、飛び散る水しぶきが気持ちいいらしく、
家をぐるっと囲むテラスから、樹は家を攻撃する。
結果的にそれがガラス窓掃除になっていて、けっこう小奇麗になっている。

最初から丸洗いできる家をつくろうとしていた。
車の洗車のように、外から水圧で汚れを落とせれば手っ取り早い。
それは織り込み済みだったが、まさかその作業が4歳の子どもの係になるのは想定外。

うちは、家の中はルンバくんが、外は樹くんが掃除に一役かってくれる。


(編集部註:この記事は8月に書かれたものです)

<< 小さなトマトができていた
新しい本、『未来の住宅/カーボンニュートラルハウスの教科書』 >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊