川沿いを散歩

| コメント (0)

初夏。
目が覚めると抜けるような空だった。

樹と一緒に、近くの一宮川に散歩に出掛けた。

064_01.jpg

こんな道が、川沿いにずっと続いている。

064_02.jpg

樹は最近、自転車デビューを果たした。
車が通らない道は、練習にはうってつけ。

064_03.jpg

田んぼ沿いの道を走る。
田植えも終わり、満々と水をたたえている。
独特のにおいが風に乗って通る。

064_04.jpg

用水路。
小さくて写真では見えないが、メダカやアメンボがいる。
僕の育った佐賀は、クリークという水路が編み目のように張り巡らされていて、
この季節になると水路はたっぷりの水が流れ、そこでさまざまな生き物を捕まえた。
見慣れた風景のはずだったが、こうやって改めて眺めるのは30年ぶりくらいじゃないかな。
なんだか、なつかしかった。

064_05.jpg

のたのたと、樹の自転車のスピードに合わせて歩いていると、
途中、農作業をしているおばあさんがトマトをくれた。
「小さくて出荷できないから」と言いながらくれたそのトマトは、
味が凝縮されていて、ものすごくうまかった。
樹もまるかじり。

<< はらでるや、に行く
雨夜の来訪者 >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊