はらでるや、に行く

| コメント (0)

「はらでるや」とは、太東漁港の入口にある焼肉屋。
地元では、ちょっと有名な店だ。
掛け値なしに、肉がうまい!! しかも、まあまあ安い。
東京に比べたら、そのコストパフォーマンスは圧倒的。

昼間、はらでるやを見ても、普通の家に見えてしまって、
その存在はわかりにくい。夜も夜で、周囲は闇に包まれているので見つけにくい。
要するに、地元の人でないとなかなか行けないのだ。
海に近すぎて、昨年の秋にやって来た台風で屋根が飛んだらしい。
浜からの吹上げの風をもろに受けるくらい、海沿いにある。

その店の肉は、これ。

063_01.jpg

一皿がデカい。
房総サイズだ。

063_02.jpg

カルビも厚い。
なにかとワイルドなのだ。

<< 朝の散歩
川沿いを散歩 >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊