遠浅の浜辺の美しさ

| コメント (1)

東金九十九里有料道路を右に曲がって、
左手に九十九里浜のゆるやかにカーブする砂浜を見ていると、
白里のインターチェンジ付近に、ものすごく気持ちのいい遠浅の海岸が姿を現す。
この日は天気がよくて、いつもは家までの道を急ぐので素通りする場所も、
あまりに抜けのいい空の青さと、穏やかな気温もあいまって、
有料道路を降りてみることにした。

057_01.jpg

夏はきっと、海水浴客でにぎわうのだろう。
でも冬の海は誰もいなくて、ただ広々とした砂浜だけが広がっている。
ポツンと建っている監視塔が妙な色気を持った建築に見える。
ただ海を見るだけのためにつくられた、最小限の空間。独特の寂寥感。
こんな機能性の薄い、なんでもない建築もときにはデザインしてみたい。
灯台なんかが似ている。

057_02.jpg

天気はよかったが、冷たい風が吹いていた。
樹も寒そうだ。
ただ、どこまでも続く海岸を縦横無尽に走り回っていた。

<< 深夜の、とあるBar
敷地でバーベキューと展覧会のお誘い >>

コメント

こんにちは。ここの海岸、よくいきますよー!

東京から一番近くてのんびりした海で好きです。

この賃貸のお家、かなり興味深いです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊