駅から「房総ウェアハウス」までの楽しい道すがら

| コメント (0)

「房総ウェアハウス」の魅力はまず、上総一ノ宮駅からの近さ。
ゆっくり歩いても10分もかからない。
駅を出て線路沿いに歩く。

053_01.jpg

そして、1、2分歩くとこんな風景が現れる。

053_02.jpg

一宮川にかかる橋。
車が通れる橋ではなく、人の遊歩道。
そして、この橋からの眺めを、僕はとても気に入っている。

053_03.jpg

海に流れ着く直前の、ゆったりとした流れ。
あと2kmで九十九里の海だ。
岸辺には釣り糸を垂らす人もポツリポツリと並び、それがまたのどかさを助長しているようにも見える。

053_04.jpg

この橋の途中で、対岸に建物が姿を現す。
透明なので向こう側が透けて見えている。
この川と河岸の遊歩道は、ほぼ庭のようなものだ。


※2009年3月14日(土)、15日(日)の2日間、
第1回目の「房総ウェアハウス」の内覧会/オープンハウスを行います。

詳しくは前回のエントリー「房総ウェアハウス」内覧会/オープンハウスのお知らせをご覧ください。

物件の詳細情報は下記からご覧ください。
Master of Life

<< 「房総ウェアハウス」内覧会/オープンハウスのお知らせ
電車に自転車を載せて >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊