もう、中古で!

| コメント (0)

アマゾンを眺めてみたら、
「『新しい郊外』の家」、もう中古で出てる。
発行からまだ1週間しか経っていないのに。
おそるべし、現代の流通社会!

(1/22・記)

<< 房総の馬場家ができるまで、本を書きました。
燃え尽き症候群からの復活 >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊