ある日、妻が出て行った

| コメント (1)

前触れはあった。

限界の信号は、ずっと出されていたのかもしれない。

僕らが30歳の春、妻が「離婚届」を、僕の前で静かに開いた。

「ここに名前を書いて」

こういう時、男はまたしても無力である。子どもができて結婚するときも、そして今度も、主導権は常に向こうにある。中目黒の大きめのワンルームに引っ越して来て3年後。とにかく僕らの生活は限界に達してしまった。さすがに、細かいことをここで書く訳にはいかないが(女遊びとかしました、すみません!)、その理由のひとつに、この家のプランがある。そのことは現在、妻とも話し合って、「あの間取りも、よくなかった」という認識で一致している。まあ、全体の20%くらいの要因で、あとはすべて僕が悪いんですけど・・・。

離婚届にサインをさせられた翌日。彼女はさっさと軽トラックを借りて、自分と子どもの荷物を積んで行ってしまった。僕は壊滅的な気持ちで、その引っ越しを手伝った。まるで自分の墓穴を、自分で掘っているようだ。バイバイ、と手を振りながら遠くに走り去っていく軽トラックを、暗澹たる気持ちで見送ったのを、今でも鮮明に覚えている。あのときはつらかった。一方の彼女の気分を数年後に聞いたのだが、中目黒から多摩に向かう高速道路は、まるで新しい生活への滑走路で、荒井由美の「中央フリーウェイ」をいつのまにかに口ずさんでいたらしい。

数日後、家庭裁判所から書類が送られて来た。彼女はものすごい手際の良さで離婚業務を遂行した。決断した女性は強い。改めて思い知った。

<< 中目黒の大きめワンルームがもたらした災い
恐怖の大魔王が降りて来た >>

コメント

そういうことだったのですね。
私も近いうち離婚ブログ書けるようになりますかね?(笑)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊