馬場家、都心に進出

| コメント (0)

会社勤めを始めた僕の社交性は格段に上がった。
広告代理店という職種はいやおうなしに人との接触を求められる。僕は外では、ずいぶん明るい人間になっていった。慣れない業界で、多少無理はしていたと思う。しかしその反動で、家に帰ってきた後は、まるで昼間のコミュニケーションに疲れたかのように部屋に閉じこもっていた。
長年蓄積されて来た引きこもりの傾向は、そう簡単には治らないもののようだ。

しかも僕の部屋が玄関を入ってすぐ脇にあって、リビングを通過しないで個室に入る構造になっていた。広告代理店の仕事は激務な上に、少々生活がハデになっていた。いつの間にかに帰って来て、いつの間にかに家を出るような状況が続いていた。当然、家族のコミュニケーションは疎遠になっていく。やっと収入が安定し生活にゆとりが出て来たにもかかわらず、就職して3年後には馬場家には再びギクシャクとした空気が流れ始めた。

「思い切って、生活環境を変えてるべきだ」
ある日、どちらからともなく、そんなことを切り出した。

僕が引きこもらないように、いや、引きこもることが物理的にできないようにするために、大きなスタジオ型のワンルームに住んでみようということになったのだ。

会社に入って3年目。子どもが小学校に入学するタイミングを機会に、馬場家は多摩のマンションを引き払って、初めて都心に進出することにする。
選んだ街は中目黒。
今まで住んでいた多摩とは違い、渋谷や恵比寿からタクシーで2メーター程度。安定収入で楽になった生活、華やかな業界、そして極端に近くなった都心からの時間距離・・・。
新しい生活と初めての都心暮らしに、僕ら家族は舞い上がった。

その選択が、馬場家に決定的なダメージを与えるとは、そのときは知るよしもない、27歳の春。

045_01.jpg
中目黒のプラン。このプランが、馬場家を崩壊に向かわせた。
<< 貧乏からの脱却
中目黒の大きめワンルームがもたらした災い >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊