看板、できました

| コメント (2)

波乗り長屋の横っちょに、
「房総R不動産」の看板ができました。
九十九里ビーチラインを通過したら、ぜひチェックお願いします。

038_01.jpg

こんな感じ。
アップにすると・・・
デザインは、Open A の大橋くん。
エンジョイ、ボウソウライフ。

038_02.jpg

<< 海辺のベンチ
馬場家の崩壊と再生の歴史(できちゃった編) >>

コメント

はじめまして
6月に波乗り長屋のオーナーさんと勝手に
一宮サーフビレッジの建築現場を見せて
いただいていたので
オープンハウス行きたかったです。
海のない県に住んでいると
海にあこがれます。
いつか、一宮サーフビレッジ見学
させてください。
それと面白そうな自邸も
図々しいかな。

たぶん、10月とか、11月の週末とかは、けっこう周辺をウロイロしていると思います。ぜひ、のぞいていって下さい。
また、馬場家が完成したら、オープンハウスをやりますから(このブログで告知します)、ふらりと遊びに来てください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊