大盛りの定食屋

| コメント (0)

何はともあれ、この写真を見てもらおう。
「かつお刺身定食」

036_01.jpg

多い、多過ぎる。
これで一人前だ。

次は、ごはん。

036_02.jpg

器からも画面からも、はみ出している。
こんなに盛られても食べきれない。

値段はこれ。

036_03.jpg

房総の定食屋さんは、サーファーを客としてイメージしていることが多いので、量がやたらと多い。

036_04.jpg

スーパーkitchenかさや、という名前のスーパーは量のことを表現しているのだろうか?
九十九里ビーチライン沿いにある、この目立つ看板が目印。
このエリアの定食屋は、量が多く、そして安いのが特徴だ。
メニューも多くて、この他にはトンカツから炒物まで、さまざま。
海に入った後には、なぜか全部食べてしまうんだよなあ。
この日は完食!
房総は海も飯もワイルドだ。

<< すばらしき、ぐだぐだな海の家
海辺のベンチ >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊