一宮サーフビレッジ、オープンハウス開催

| コメント (2)

突然ですが、 オープンハウスのお知らせ。

ブログが追いつかないままに、一宮にいくつかの賃貸住宅ができあがってしまいそう。
松林のそばに、白い一軒家が6棟、ランダムに並んでいる。近況はこんな感じ。

034_01.jpg

そのオープンハウスを、9/6(土)、7(日)、13(土)、14(日)の4日間行うことになった。
10:00〜17:00 の間、自由に見学できる。
房総に家を借りようと思っている人、ただなんとなくプロジェクトに興味がある人、
ぜひ遊びに来て下さい。
ついでに一宮周辺の簡単なツアー(物件、いい風景、店など巡り)や、
それらをマッピングした地図も用意しておくつもりです。

プロジェクトの概要を説明しておくと・・・

034_02.jpg

右側の6棟が、今回できあがる家。

家のなかに車が入っているのが「ガレージ」。
その名の通りガレージハウスのメゾネットだ。
車やたくさんボードを持っている人にはお勧め。

フローリングの床が飛び出ているのが「テラス」。
リビングとつながった屋外テラスが特徴。
1階がダイニング、2階には2ベッドルームがあって、使い勝手がいいはず。

一見、小さく見えるのが「トール」。
スキップフロアと、高い天井が特徴で、
縦方向に気持ちがいい家になっている。

すべてがサーファー仕様になっていて、屋外から直接、バスルームに入ることができる。
海から上がって、シャワーを浴びて、ザブンと風呂に浸かれる快感はたまらない。
また、シェアも視野に入れて、すべて2ベッドルーム、2つの駐車スペース。
家族でもシェアハウスとしてもちょうどいいサイズにしてみた。

床面積はどれも70平米前後、木造2階建て。
家賃は15万円。

9月の頭は、まだ十分に暑い。
徒歩300mのところには一宮海岸のサーフポイントもある。
ボードやウェアをレンタルしてくれるサーフショップを紹介できるので、
試しに波乗りに挑戦、というのもあり。
ただ青くてきれいな空と海を見るだけでも、房総の魅力を感じることができると思う。

034_03.jpg


■アクセス
<東京駅から特急を使う>
東京駅の「京葉線」乗り場(丸の内側の地下4階、地下通路を10分くらい)から、
特急「わかしお」に乗って、「上総一宮」下車。所要時間1時間。
時刻表は下記。
http://www.bosoj.ecnet.jp/jikokuhyo.htm

タクシーを使う場合は、駅前のロータリーから乗って、
下記の地図をプリントアウトして見せてください。

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=35.37470168&lon=140.38875578&sc=6&mode=map&pointer=on

034_04.jpg


<車を使う場合>
首都高速>京葉道路>千葉東金道路>東金九十九里有料道路>下記のマップ参照

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=35.37470168&lon=140.38875578&sc=6&mode=map&pointer=on

034_05.jpg


■お問い合わせ
下記メールアドレス宛にメールをお送りください。
※メールタイトルに、「一宮サーフビレッジ問い合わせ」と記載してください。
baba-mail.gif

■日時
2008年9月6(土)、7(日)、13(土)、14(日)
10:00〜17:00

<< 馬場家の平面図
すばらしき、ぐだぐだな海の家 >>

コメント

15日にお邪魔しました。

2家族で…
真っ黒な夫たちとはしゃぎすぎの子どもたちと…。


とてもステキなおうちでした。

また機会を見つけてお邪魔させてください!

ありがとうございました。

ありがとうございます。
本当に元気なお子さんたちでしたね。
あんだけ元気に駆け回ってくれるとうれしいです。

また、遊びにきてください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊