なるほど、セカンドハウスローン

| コメント (3)

この頃から少しづつ、気持ちのなかに占める房総の割合が大きくなっていた。
この日、近所のキャッシュディスペンサーに寄ったときに、あるパンフレットが目に飛び込んできた。
「セカンドハウスローン」
ん・・・。
僕にもそんなローンが組めるのだろうか? そんな思いがふと脳裏をよぎった。
もし、そんな便利なローンがあるのなら、使わない手はない。ものは試し、早速パンフに書いてあった番号に電話を掛けてみることに。房総がぐっと近くなった瞬間だ。

「もしもし、御社をメインバンクとしている者ですが、セカンドハウスローンについて聞きたくて電話しました」
それから名前や口座番号など基本的な情報を聞かれ、相談が始まった。
房総に魅力を感じていること、そこが東京から時間距離で一時間ちょっとであること、そこにセカンドハウスをつくってみようかと思い立ったこと・・・。今考えると、必ずしも銀行が知りたい情報ではないことばかりを話したような気がする。ローンを使いたい動機や場所のポテンシャルを銀行に話しても意味がない。しかし僕はローンのことを初めて銀行に相談するド素人、要領を得ない。ぎこちない会話がしばし続く。
「もう購入する家はお決まりですか?」
いや、まだあの辺り、という漠然としたエリアしか決めていない。
「どのくらいの予算をイメージされていますか」
いや、まだそんなとこまで考えたこともなく、とりあえず勢いで電話しただけなんだが。
丁寧だが矢継ぎ早の質問に、僕はモゴモゴ歯切れの悪い答えを繰り返すだけ。そして、その質問はやってきた。
「都心のご自宅は、いつ頃ご購入でしょうか?」
「いや、都心の住居は賃貸です」と、僕。
「・・・・・・」
しばらく気まずい沈黙が流れた。
電話の向こうの彼女は、半ば呆れたような声でこう言った。
「セカンドハウスローンは、二番目の家のためのローンです」
最初、何を言われたのか意味がわからなかった。そして一拍おいて気がついた。
そうか、一軒目の家を持っていない僕には、そもそもセカンドハウスの概念は適用されない。銀行的には、賃貸で借りているマンションは一軒目(ファーストハウス)とは数えないのだ。
知ってる人には当たり前のことかもしれないが、知らない僕には衝撃の事実。
僕は、「すみません。間違えました」と言って電話を切った。
独特の敗北感を味わったことは言うまでもない。電話の向こうではかぶりを振りながら「時々いるのよね、こういうわけのわからない客」と吐き捨てる若い女性行員の姿が目に浮かぶ。もちろん、悲しい被害妄想であるけれど。
僕の最初の銀行へのアクセスは、こうして苦い経験となったのだった。

<< 自己暗示にかかり始める
ネット審査、玉砕 >>

コメント

銀行・・ホントやさしくないですよね~
私も住宅ローンとか,分からなかったころ
女性行員の矢継ぎ早かつ,事務的な言葉の数々に
オロオロしてました(笑)
お客さんが間違っていたら,間違いを訂正し
状況を理解し,どうすべきかをアドバイスしないと・・

なんか上から目線でイヤですね(怒!)

銀行の皆さん・・もっとやさしくしてくださいね。
下から目線でよろしくお願いしたいですね♪

この「セカンドハウスローン」のお話し、めちゃくちゃ面白いですね!

いや、失礼致しました。はじめまして、中国のHXX(ID:Cinahu)です。

去年、北京から260キロ位離れた海の近くにアパートを買って以来、やたらに「海辺物件」に興味を持つようになり、あちこち検索しているうちに、このブログの「愛読者」となりました。ご挨拶遅れまして、失礼しました。

私が買った海辺物件は(これこそ「セカンドハウスローン」で買ったものですが)、きわめて狭いワンルームマンションですが、それでも毎日興奮して、中国の物件と日本の物件とを比較しながら、この点に関しては日本が良い、この点私のアパートが良いというふうに、楽しませてもらっております。

さて私の海辺マンションの写真は次のリンクのページに貼ってあります(日本語説明付)。

http://blog.sina.com.cn/s/blog_59197cd501000ceu.html

中国のお金で22万元前後(日本円では300万円前後といったところでしょうか)、日本だったら、幾ら位となるのでしょうか、教えていただければ参考になるかと思います(中国の建設工事の室は日本ほど丁寧ではありませんが)。

どうも失礼致しました。再見。

そうなんですよね。
まだまだ続きます、銀行での挫折感。
フリーランスや中小企業の経営者の方、ぜひ、ご参考に?

実は僕の母は伊万里にタバコ屋だけど、おやじは小さな地方銀行に勤めてました(もう定年ですが)。おやじは、僕が学生結婚したり、会社を辞めてフリーになったりしたとき、ことごとくショックを受け(おやじ、ごめんね)、
「オレの息子は踏み外した・・・」的な目で見てたけど、そりゃ銀行的な視点で言えば、わけのわからない行動だよなあと思います。皮肉なものです。

でも、最近、おやじは「おまえのやってることは理解できないが、なんか楽しそうではある」というような内容を車の中でつぶやきました。僕は自分の人生の一部をやっと肯定されたっようで、ずいぶん救われた気がした。
まあ、だからといってフリーランスや小企業の経営者(ましてや設計事務所!)への銀行的風当たりが柔らかくなるわけではないのだけれど。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊