魚天国、魚平を発見!

| コメント (0)

夕刻、上総一ノ宮駅からほど近い道路を南下していた。すると突如、パチンコ屋に並んでこんな店を発見。
「魚特売・魚平」!
「まぐろ」とか「伊勢エビ」の文字がはためくのぼりが、いやおうなしに足を止めさせる。
ここは郊外型市場?


01801.jpg


自動ドアが開いて中に入ると、異様な活気とたくさんの魚介類が目に飛び込んでくる。
そして、いつも東京で買い物をしている僕らにとっては何もかも安い。
僕らは胸のトキメキを抑え切れず店内をウロウロする。

01802.jpg


20匹以上入っているさんまの丸干しが、一箱1050円。
どうやったらこんな値段になるんだろう。

01803.jpg


一匹3500円の活きた伊勢エビが練り歩いている。


01804.jpg

一皿500円、でもとてもこんなに食べ切れそうにもない。


01805.jpg


馬場家の次男、樹(いつき)とはまぐり。


01806.jpg

真鯛を触ろうとする樹、ちなみに二歳半。
お魚天国に興奮が止まらない模様。


01807.jpg


巨大なタチアシガニが水槽にたたずんでいる姿は、不気味ですらある。
ここまでくれば、魚市場というより水族館。


01808.jpg

穴場発見。収穫のドライブだった。

<< 片貝漁港に足を延ばす
一松のコーヒーショップでマンガを読みながら >>

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊