海辺のガスト

| コメント (2)

ペンション・ガジュマルのほど近く、太東ビーチの入口にはガストがある。朝8:00からやっているので、サーファー御用達。早朝から海に入って、ここで昼食をとってから東京に戻る、というスタイルはこのビーチの定番だ。


01301.jpg

この日も「海辺のガスト」は陽に焼けた顔が席を占拠し、店内は独特の空気を醸し出している。
海から上がったばかりの空っぽになった頭なので、話題は当然のように非生産的なものになる。でも、ファミレスでダラダラと友人たちと過ごす時間は、なぜか決まってホンワカ幸せな気分だ。

海辺のファミレスって、なんとも言えない雰囲気があると思いません?
ちなみに葉山の海辺にはデニーズ、由比ケ浜にはすかいらーくがあるけれど、どこも流れている空気が似ている気がする。人を油断させてしまうような。
背後に控える、おおらかな海がそうさせるのか。


01302.jpg

東京R不動産スタッフの最年長二人組で、この海辺のガストに寄ったときもそうだった。
40男がたそがれの時間に窓際の席に座り、僕らはお互いの過去について話した。告白した、という表現を使ってもいいかもしれない。
高校時代には弾け過ぎて有名私立進学校を中退したこと。
定時制に通いながら、そこでさまざまな種類の人生の存在を知ったこと。
生活のアテもないのに結婚し、向こうの親に切ったタンカの不条理さ。
生きるために怒濤のように働いた20代。そして、なぜ今、この場所にいるのか。
この人の背後には、かくも乱暴で豊かな経験が流れているのかを初めて知った。
どこかしら僕に似ている部分があって、妙に安心したのを覚えている。

檀一雄の話になった。
放蕩を続け、ポルトガルの散村サンタクルスに住んでみたり、晩年は博多湾に浮かぶ能古島に住んでみたり、とにかく無秩序で破滅的だが、しかし繊細で美しい生き方をした小説家。僕らは同種の憧憬を壇に持っていたことも判明した。
そして、重要なのは、
「生き方が文学的か、そうではないか」
ということで話がまとまった。
まあ、ここでそんな話がまとまっても、誰にも何の影響はないのだが・・・。とにかく二人が納得できれば、それでいいのだ。

海辺のガストは、人を素直にさせる。

<< ヨード湯とは?
波乗り長屋を観察する >>

コメント

>そして、重要なのは、
>「生き方が文学的か、そうではないか」

ここにも納得している人間が一人います。
突き詰められると難しいですが、
ある種の感覚や空気をうまく表現している気がします。
自分は大学を辞めていますが、それも関係あるのかもしれません。

馬場さん。

ご無沙汰しています。
いつも楽しく読ませてもらっています。


このガスト。学生時代に少しサーフィンをかじっていたころに良く行きました。今は湘南のデニーズの方が利用機会が多いのですが、、懐かしいですねぇ。


> かくも乱暴で豊かな経験が流れている

これ相当にグッと来るフレーズですね。
たまらんです。
そういう親父になりたいですね。

そういう親父になるためにも、
そのうち房総方面への暴走も見据えているので
またご相談など乗ってくださいー。

ではでは。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊