太東岬で吠える

| コメント (2)

こんなにドラマティックな断崖絶壁は見たことがない。
視界の限り、180度以上のワイドビューで太平洋が広がっている。地球が球体であることがはっきり認識できる場所だ。
断崖の高さは50m近くあるのではないだろうか。近づくと吸い込まれそうで、足がすくむ。風もビュービュー吹いている。眼下には九十九里浜が大きな弧を描きながらずっと遠くまで続いていて、先はかすんで見えない。この一帯がベッタリした土地であることを再認識する。

00301.jpg

この岬にたどり着く道はとてもわかりにくい。
たいした看板もない。カンを頼りに、なんとなく細い道を海の方角に向かって登っていくと、突然視界が開け灯台が姿を見せる。何の期待もせずに車を降りて岬に登ると圧巻の風景が待ちかまえているのだ。

00302.jpg

一緒にいた相吉さんが何の脈絡もなく、海に向かって吠えた。それが余りにも気持ちよさそうに見えて、僕も一緒に吠えてみた。「ウオォー!!!」。ここしばらく味わったことのない不思議な感情がこみ上げて来た。それがどんな感情なのか、言葉にするすべはない。

00303.jpg

切ない看板を見つけた。
この場所は第二次世界大戦の時、海からやってくる米軍機を迎撃する砲台だったのだ。確かにここは太平洋から首都へ向かうルートの上にあって、対空砲火にはうってつけの場所だ。しかし、攻撃しやすいことはすなはち、攻撃されやすいことの裏返しでもある。
僕は想像した。
この誰もいない房総の岬で、無防備に曝されながら、機関砲を握る兵士の孤独と恐怖について。
僕らを思わず吠えさせたのは、かつてここにいた兵士だったのかもしれない。

00304.jpg
<< 一松のパン屋、naya
注文の多い料理店? のような物件 >>

コメント

この断崖絶壁の下では釣りもできるんですよ。
勿論絶壁を下るわけではなく、国道にある釣りえさ屋さんを曲がって細道を進んでいくんですがね。
去年はサメの赤ちゃんとか釣れました。
サーフィンもいいけど、千葉で釣りも楽しいです。
あと、この辺はテニスの町白子も地近いので、テニスコートが沢山あります。テニスをするってのも楽しいです。

まじですか!
岬からはまったくわかりませんね。
怖くて下、見れないし。
釣りができるんですねえ。
ワイルドですな。
あったかくなったら、ぜひそのあたるのも冒険に出かけます。
まだまだ、知らないことばかりだ。

また教えて下さい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

東京R不動産のディレクターでもある馬場正尊が、ふとしたきっかけから房総に土地を買い、家を建て、生活を始めるまでのストーリー。資金調達から家の設計、周辺の環境や人々との交流、サーフィンの上達? まで。彼の人生は些細な気づきから、大きくそれていくことになる。馬場家の東京都心と房総海辺の二拠点生活はこうして始まった。

房総R不動産トップページへ

著者紹介

馬場正尊